中国茶茶藝講座始まりました♪



中国茶を飲んでいるけれど、淹れ方を知りたい。
中国茶をお土産にいただいても、淹れ方が分からないので教えてほしい。
お友だちと飲むときのために、きれいな淹れ方を教えてほしい。というリクエストに応えて、
「中国茶の淹れ方と作法」の講座がはじまりました♪



この度のお申込の日程は、希望日を調整して行われました。

1回目は、おおまかな流れを知り、
次回は、より美しくなるポイントをお伝えします。

中国茶の知識がある方でしたので、すぐにきれいに淹れられるようになり、
私も嬉しくなってしまいました。

これからが、楽しみです♪


画像



種類は、下記の通りです。
詳しくは、下記のアドレスからお問い合わせください。


<茶藝講座> 泡茶:淹れ方の手順と作法


*香港式蓋碗  蓋つきの茶器で、茶を淹れます。

*香港式茶壷 茶壷で、青茶または、黒茶を淹れます。

*蓋碗      北京式 茉莉花茶(ジャスミンティー)など、蓋つき器で、いただきます。

*玻璃杯     ガラスのタンブラーで、龍井茶、白毫銀針、碧螺春を淹れます。
          (上投法、中投法、下投法)
*瓷壷       陶器のポットで、紅茶を淹れます。

*紫砂壷     台湾式 紫砂壷で淹れ、聞香杯、品茗杯でいただきます。




体験レッスンでも、【「香港式茶藝」(香港スタイルの淹れ方)】
を受け付けています☆

詳しくは、こちら⇒☆☆☆

◆ 時間 10:30~12:30 & 14:00~16:00
 体験レッスン料 3,500円

ご希望の日に合わせて、3月末まで予約をお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

香港での中国茶の淹れ方は、お客さまに淹れるとき、自分のために淹れるとき、
中国茶専門店で淹れてもらうときの違いは、ほとんどありません。
いつも自分のために淹れている方法で、
お客さまからもきれいに見えておいしく淹れられるのが、「香港式茶藝」です。
この機会に体験してはいかがでしょうか?





◇お問い合わせ・お申込み
           Salon de Shanti 中国茶・紅茶教室 磯部 
           東京都世田谷区船橋(京王線「八幡山駅」もしくは、小田急線「千歳船橋駅」)   
           お気軽にお問い合わせください。


◇メールアドレス
          specialtealeaf@yahoo.co.jp 
             お手数ですが、コピー&ペーストしてメールして下さい    
             お名前、ご住所、電話&Fax番号をお知らせ下さい。教室の案内をお送りします。
               

Salon de Shanti 主宰  磯部優子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック